外国人採用にぴったりの
検査があるらしい

自分の会社でも、外国人労働者を採用することになった。
あまりお金をかけられないけれど、
自社に馴染んでくれる人材を採用したい。そう考えているあなたへ。

この応募者は、
どんな風に仕事をする人だろう?
それは、“働いて”もらえば一番分かるはず

「採用時にそこまでできないよ」と思ったみなさん。
実は、“応募者の仕事ぶり(働き方)”を知ることができる採用検査があるんです。
応募者の自己PRが好印象で採用してみたけれど、実際の働き方と違っていた、
なんていう失敗は最小限に抑えたいですよね。

言語や文化の違う国で
検査を実施したい
実績があり、信頼できる
検査を利用したい
採用人数を問わず
使える検査がいい

外国人の採用をより確かなものにする
“内田クレペリン検査”

内田クレペリン検査とは

国内で60年超の歴史を持つ内田クレペリン検査は、簡単な一桁の足し算を30分間行うだけの、シンプルかつユニークな検査。このような模擬的な“作業”をさせることで、実際の“仕事ぶり”を測ることができます。ほとんど言葉を使わず、検査用紙1枚で応募者の能力と性格を的確に測れるため、今、外国人向けの利用が増えているのです。

言語や文化の壁に
阻まれない採用を

言語の制約を受けず、文化の違いによる影響も小さいため、
外国人労働者の採用に特にオススメです!

アジア各国で、
現地販売店がサポート
国内では60年以上の歴史と、
5,000万人以上の利用実績
1人~数百人まで、
幅広い受検人数に対応

無料お試し受検から
利用お申し込みの流れ

STEP1

無料お試し受検

  • お申し込みは簡単。専用フォームから2分でお申し込みいただけます。
  • 受検は一切無料。受検にかかる時間は約50分です。
  • 受検後、検査用紙を弊社へご郵送ください。

STEP2

導入に向けてのサポート

  • 1週間程度で結果をご返却(メール/郵送)します。
  • 必要に応じて皆さまの疑問/質問にお答えします。

STEP3

利用お申し込み

  • 海外で実施の場合、現地の販売店が実施をサポートします。
  • 利用は何名でも可能です。

※検査料金は、1名あたりUS$24が目安です。

内田クレペリン検査で分かること

御社が欲しいのは、どのような人材でしょうか。
内田クレペリン検査(オンライン版)の結果では、
その応募者がどのような能力、性格/行動特徴を持っているのかが、
下記のようなマトリックスで表現されます。

採用担当者の声

企業にて内田クレぺリン検査を利用されたお客様の声をご紹介します。

面接や履歴書だけでは気づかなかった特徴を知りました!

外国人技能実習生 採用ご担当者様

うちでは技能実習生を受けいれており、彼らは日本国内の工場で働いています。
実は採用した人の一部に、無断欠勤やもめごとを起こす人がいるので、困っていました。

この検査を導入したところ、面接や履歴書だけでは見抜けない受検者の特徴が分かり、
よりうちの会社にあった人材を雇用できるようになりました。
また検査の結果から、選抜した人の中に適応力がとても高い人がいることが分かり、
ラインのリーダーを選ぶ際にも結果が役立ちました。

コントロールしやすいスタッフを揃えることで
日頃の負担が軽減しました!

飲食店 店長様

うちには本部作成の細かいマニュアルがあるのですが、
それをぜんぜん守ろうとしないスタッフがいました。
このままでは、お店全体の管理運営に悪影響が出てきそうで頭を痛めていました。

この検査を導入したところ、”何をやるにも自分流をつらぬく人”が見分けられ、
その結果、コントロールしやすいスタッフを揃えることができました。
うれしいことに従業員のチームワークも良くなり、接客サービスの向上につながりました。

職場の安全管理のために、
事故を起こしにくいチームを作れました!

技術職 安全管理リーダー様

うちには、仕事のスピードは一番早いのですが、3回も事故を起こしている人がいました。
その時点では軽い自損事故で済んでいたのですが、いつか重大事故を起こすのではないかと
心配していました。

内田クレペリン検査を実施すると、事故を起こしやすい傾向の人が分かるということを知り、
全社員に実施してみました。
すると驚いたことに、今までニアミスが多くあった社員の結果には、
事故を起こしやすい傾向が確かに表れていたのです。
大きな事故になる前に、配置の転換を行ったりベテラン社員と組ませたりするなど、
体制が見直せ、社内の事故を減らすことができました。

よくあるご質問

内田クレペリン検査では受検者の何がわかりますか?
受検者のタスクパフォーマンス、言い換えれば「仕事をする時の能力」と「その能力を発揮する時の行動特徴(性格特徴)」が分かります。クレペリンで測る「能力」は、知能との相関も高く、受検者が与えられた作業をどれだけ早く処理できるか、あるいはどれだけ複雑なことに対応できるか、といったことを表しています。
本来は知能検査と性格検査のように2種類以上の検査で判定する内容を、内田クレペリン検査では用紙1枚で、1度に測ることができます。
内田クレペリン検査は、日本以外に、どのような国で利用されていますか?
タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、インドネシア、中国、韓国を中心に、弊社が把握している限りでも年間5,600人超の外国人受検者がいます。
海外では、どのような場面で利用されていますか?
内田クレペリン検査が海外で最も多く利用されているのは、企業の「採用選考」場面です。国内の企業が海外で技能実習生を採用したり、日系企業が現地採用を行ったりする場面で利用されています。
さらに、すでに雇用している従業員の「配置転換」を検討したり、「安全管理」の観点から”事故を起こしにくいチーム作り”をしたりといった場面でも利用されています。
検査には何が必要ですか。実施方法は簡単ですか?
検査実施用の「音声ガイダンス(動画/CD/MP3)」があれば、初めての方でも簡単に実施できます。音声ガイダンス以外にご用意いただくのは、「検査用紙」と「鉛筆」のみです。
検査用紙は現在、英語・日本語・中国語の3種類、ご用意しています。
詳しい実施方法については、お問合せください。
利用申込み後、判定にはどのくらいの時間がかかりますか?
結果ご返却までの日数は各国の販売店により異なります。
通常、即日~1週間程度で判定結果が確認できます。詳細はお問合せください。